ベランダで初めて実がついた栗の実

なぜか細長い写真になってしまう、なぜ?

結局、修正の仕方がわからないのでこのままいきます(;’∀’)

あっという間に11月になってしまいましたね。

我が家のベランダは東向きです。

ベランダ側には高い建物がない為、夜にブラインドを閉めることがほぼない代わりに

朝になってからブラインドを閉めています。

何故かというと、朝日がまぶしすぎる為です。

とにかく、陽が昇って南に向かってくれないとブライドが開けられないほどなのです。

それくらい明るいので陽が沈むまで電気をつけることがないので

省エネになって、少しは家計の助けになっていますかね!!ありがたい(^^♪

その、明るいベランダのおかけで植物たちは、適当栽培でも結構元気に育ってくれるのです。

先月のお話なのですが、今年3年目にしてやっと栗の実がなりました。

桃クリ3年というのは当たってるということかな!

栗の木をじっくりみたことなかったのでいがいがの成長を見るのははじめて

トゲトゲも始めは柔らかだったのが、徐々に素手では痛くてもてないくらいチクチクになっていく過程をわが子のように見守っていました。

結局、たったの3つだけだったのですが、毎日眺めてはチクチクをツンツンしてました。

そんなことを楽しんでいたある日、まだ青かった実が一つまた一つと落ちていき

中身もご覧の通り

結局しなびたような実で食べるに至らず残念でした。

栄養が足らなかったのか水が足らなかったのか・・・・・

調べてみたら、原因は受粉不良か肥料不測だったようでした。

まぁ確かにベランダでハチさんを見かけることは少なかったかも!

それならば、

次回は人工授粉する!?できるかしら

栗が落ちた後の栗の木は、またふさふさとしてましたが

これが、おしべとめしべってなのでしょう???

どなたか知っている方教えてください~

来年こそ食べてみたいなぁ~

ポッチとお願いします♡

ありがとう♡ブログランキング・にほんブログ村へ

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました